横山特殊ミシンよりTajimaの刺しゅう機”彩”の特設ページ

困ったときは・・

  • HOME »
  • 困ったときは・・

縫えませんか?起動しませんか?

メンテナンス作業

給油

メンテナンスにおいて給油作業は必須になります。釜周辺は毎日、針棒のあたりは1週間に一回、

いずれも稼働状況によってタイミングは変わってきます。注意点として、製品に油がついてしまうことは避けなければなりません。

必ず試縫いをしてから刺繍機を稼働させてください。シミ抜きガンを利用して作業を行うお客様もいらっしゃいます。

掃除・設置個所

ホコリなどは、故障の原因になります。刺繍機は精密機器なので、基板にホコリが付着することで、

本来、糸切りエラーになって刺繍機が止まるはずなのに、止まらなくなった場合は多くがその原因です。

設置個所も、高湿度の場所におかない方が無難です。結果的に基板関係の寿命が短くなります。

針板(針穴がある鉄板)を開けての掃除は必ず行いましょう。糸を切る装置が格納されているので、

糸切り時に、糸が切れなかったりするとその周囲が原因になっている可能性があります。

よくある質問

ご購入後のお客様は専用WEBサイト登録が必須になります。
専用サイトには対処方法などが載せられておりますので、
まずは以下症状をご確認の上、問題点を把握できれば幸いです。

・針が頻繁に折れるのは以下の点が考えられます。

  1. 針板の中に不純物が混入している
  2. 針棒が曲がっている
  3. 熱焼けをおこしている
  4. 釜に傷がある、タイミングがずれている
  5. 針穴に対して中心にきていない
  6. 針が深く入ってしまっている

・糸が頻繁に切れてエラーが起きる

  1. 釜部に傷が入っている。
  2. 針板に擦れてしまっている。
  3. 糸を救うタイミングの調整が必要

・下糸をすくわない(上糸だけ縫ってしまっている)

  1. 下糸のテンションが重い/軽い
  2. 上糸とのバランスが取れていない
  3. ピッカーの調整を行う

・糸が切れないでエラーが起きる

  1. 糸道を確認する
  2. センサー部に付着するものがある
  3. 糸切れの感度を下げる
  4. センサー部そのものの問題

・柄を読み込まない

  1. 柄データそのものに問題がある。
  2. メモリーがいっぱいになっている
  3. USBフラッシュドライブやその他ストレージとの相性が悪い
  4. LAN接続がうまくいっていない
  5. システム的な要因がある

・電源がつかない

  1. ブレーカーが落ちている
  2. 電源ケーブルと本体との接触が緩い

 

お問い合わせ TEL 03-3833-4521 9:00~18:00(土日休み)

PAGETOP
Copyright © 横山特殊ミシン株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.